ad

スポンサードリンク

2014年11月14日金曜日

乳腺炎で母乳外来で乳房マッサージを初めてうけた話

一つ前の投稿「離乳食を進めていたら乳腺炎になりました」の続き。

朝起きてみると、昨日までは腫脹と疼痛のみだった乳汁鬱滞ですが、乳房が若干発赤し、痛みもまし、熱感もかなり強くなってました。
こりゃあかん、完全に乳腺炎だ。
というわけで、もう一人の力では限界でした(というか、昨日一日ずっとマッサージに手をとられて疲れ果てた)ので、プロの手を借りる事にしました。
そう、助産師さんに乳房マッサージをしてもらうのです!
が、助産院では薬をもらえないので、産婦人科で母乳外来があるところをネットで検索。先日引越してしまったので、出産した産婦人科には行けなかったんです。引越すって大変。
お産の予定が入っているので急いで来るように言われ、とるものとりあえず、赤ちゃん抱えて産婦人科へ行きました。



まずは先生の診察。男性の先生でした。
服をあげて、乳房を診てもらいました。

「あー、かなり張ってるねえ。痛いかー」
「痛いです」
「熱は?」
「ロキソニンを飲んじゃったので、多分ないと思います。……けど、ちょっとぞくぞくする感じがするので、出そうな感じです」
「そうかー。うん、とりあえず内服で様子を見ましょう。それから乳管開通をしましょう」

はい、それが目的でして。
先に薬と会計を済ませ、いざ助産師さんのマッサージへ。
ちなみに、診察の代金は薬代含めて保険がきいて1000円ちょっと、マッサージは自費で4000円でした。うっ、高い。
しまった、ネットでもう一つ見つけた母乳外来は、乳腺炎があったらマッサージは保険診療っぽかった……!
と思いましたが、まあ4000円で治してくれるなら安いものです。
薬は、多分セフゾンのジェネリックのセフジニルカプセル100mg(抗生剤)、ツムラの葛根湯エキス顆粒、ロキソニンのジェネリックのロキソプロフェンナトリウム錠60mg(解熱鎮痛、抗炎症)、マーズレンS配合顆粒(胃薬)、でした。
セフゾンも葛根湯も、授乳中問題なく飲めますね。セフゾンを始めとしたセフェム系の抗生剤は授乳中よく使います。ロキソニンも、長期連用とかでなければ問題なし。マーズレンは書いているのを見かけないなあ、まあ強い薬でもないんで問題ないでしょう。
抗生剤か、感染してる感じはしないけど、長引いた時に感染しないように予防的な投与なのかな。3日分もらったので、とりあえず飲みます。

部屋に通され、ベッドに横になるように指示されました。で、横に赤ちゃんを寝かせました。赤ちゃん連れって大変なり。
よし、マッサージの手技を盗んで帰ろう。
と、思いましたが……
すいません、無理でした。
もうね、痛くて痛くて。
いや、大丈夫です。お産より痛くない(そりゃそうだ)。
我慢出来ない痛みではもちろんないんですが、身をよじるくらいは痛いです。とても目を開けて見ていられない。横になってるし。
多分、炎症がここまで酷くなってなければ、あと、詰まりが軽ければ、そんなに痛くないと思います。
ざっくり言うと、自分でやる乳管開通+乳房自体もかなり押して、圧をかけて、ほぐして、という感じでした。はい。

「どこが詰まっているかわからなくて……」
「うーん、そうねえ。わからないですねえ」

助産師さんでもやはりわからないようで、10分ほどマッサージ(悶絶)。

「あ、もしかしてこれかな……? 少し浮いて来たかな……」

とかやっているうちに、赤ちゃんが機嫌を損ねて泣き出したので、一度授乳をすることに。
気を取り直して再開。
さらにマッサージすること15分ほど(悶絶)。

「あっ、一個通った!」

と言われて、目を開けてみてみると、一カ所自分でやった時は開いてなかったところから、ぴゅーと噴水よろしく噴いてました。はー。

「でも、もう一個はありそうなのよねー」

……ですよねー。全然楽になった気がしない。

「これ、このまま通らなかったらどうなるんでしょう?」
「今日無理なら、また明日とかも受けてもらうことになりますねー」

マジですか。そうか、そんなものなのか。
その後15分ほどマッサージ(悶絶)。
ぴゅーぴゅー乳汁が出て、タオルを飛び越えて飛んできました。添えられてるタオルがぐっしょりです。

で、結局もう一つはわからず。
でも、かなり長い時間マッサージをしてくれたおかげで、終わる時にはふにゃふにゃの柔らかおっぱいになってました。感動!

「まだ芯がありそうだし、また今日みたいにがちがちになった時は連絡くださいね」
「はい、すいません、ご迷惑おかけしました」

終わって思いましたが、これで4000円は割に合わないんじゃなかろうか、というくらい入念なマッサージでした。
自分一人じゃなんともならなかったと思うし、本当に行ってよかったです。
最後に、

「数日、離乳食を止めても進みが変わる訳でもなし、頑張って飲んでもらうといいですよ」

と言われました。
うん、離乳食をちょっと量を減らすか、1回に減らすか、酷ければお休みするかしましょう。
なんとかこれ以上悪化させずに治したいものです。


(もし記事を読んで、「役に立った。よし、これ書いたやつにコーヒー1杯くらいおごってやろうか」などと思ってくださった方は、noteからサポートなどしていただけたら幸いです。シェアも大歓迎です)
□twitterで @halproject00 をフォローする□
スポンサードリンク