ad

スポンサードリンク

2016年11月5日土曜日

「今日もなにもできなかった……」という育児中の方へ

ある日の事でした。
行きたかった銀行の用事も済ませる事ができませんでした。
天気がよかったのに、布団も干せませんでした。
今日こそかけたかったのに、掃除機もかけられませんでした。
まだ遊びたいと泣く娘を抱きかかえて公園を出て、ようやく最低限の買い物。
部屋は思う存分散らかっています。
部屋中おもちゃだらけです。
嫌がる娘を抱えてトイレトレーニング。今日も失敗。全部失敗。
夕ご飯も、手のかけていない、簡単なもの。
「あれもいや!」「これもいや!」という2歳の娘をなんとかお風呂にいれて、
絵本を読んで寝かしつけようとしたけれど、中々眠らず、
横でずっと寝たふりをすること1時間。
もう夜の22時過ぎ。



朝から私は何をしていたんだろう。
今日もなにもできなかった。
娘の遊びも十分にできなかった。
朝から晩まで、座る暇もなかったはずなのに、なんにもできてない。

夜23時過ぎてようやく帰って来た旦那。
山ほど働いて、クタクタの旦那に出せるのは、最低限の簡単なご飯。
旦那は、土日の仕事が終わった時間は、全力で育児をしてくれます。
早く帰ってくれば、娘をお風呂に入れ、歯磨きをして、一緒に寝かしつけてくれます。
だから、私なんかより、全然自分の時間もとれてない。
それなのに、家は荒れ果て、こんなご飯。
もう随分弁当も作ってあげられていない。
情けなくて申し訳なくて、涙が出ました。

「ごめんね、今日もなにもできなかった……」

頭を下げた私に、旦那はびっくりした顔で言いました。


「なに言ってるの!
 今日1日、あの子は飢えずに元気に笑顔で過ごすことができたんだよ。
 それってすごく大変なことだよ?
 十分過ぎるくらい色々してるよ。
 ママ、ありがとう」


驚きました。
涙が出ました。

「でも、パパはこんなに働いてくれて、こんなに育児もしてくれてるのに、私は一円も稼げてない」


「俺が安心して外で仕事の事だけ考えてられるのは、家でママが頑張ってくれてるからだよ。
 家は任せて大丈夫だって思ってるからだよ。
 ありがとう」



これが、先日ツイートした内容の、詳細です。

私は旦那ののろけ話をしたかったわけではありません。

「今日もなにもできなかった……」

そうやって悩んでいる方に、旦那が言った言葉を伝えたかったのです。

「今日1日、あの子は飢えずに元気に笑顔で過ごすことができたんだよ。
 それってすごく大変なことだよ?
 十分過ぎるくらい色々してるよ。」

小さな子どもを一人、幼い赤ちゃんを一人、お腹を満たし、不快な要素を取り去り、今日一日を元気で過ごさせる。
それは、とてもとても大変なことです。
大丈夫です。
あなたは、今日一日、とてもよく頑張ったのです。
誰にも出来ないことをしたのです。
今日、あなたの子どもの笑顔を見ましたか?
その笑顔を守ったのは、間違いなく、あなたです。
まだ笑う事がない赤ちゃんが、すやすや眠るのを見ましたか?
そうやって眠ったのは、あなたが今日全力でがんばった証です。

例え誰も言ってくれなくても、あなた自身がそれを知っています。
私も、あなたががんばったと、心から思います。

今日もがんばったね。本当にお疲れさま。

私も泣きながら育児をしています。
「今日もなにもできなかった……」
それでも、旦那のあの言葉を思い出して、自分を元気づけます。

一緒に泣きましょう。
そして明日も、一緒に頑張りましょう。


追記:フォロワーさんに教えていただいた、今回書いた内容にすごくよく似た、優しい詩があります。
今日 (福音館の単行本)

下田 昌克 福音館書店 2013-02-13
by ヨメレバ
所謂「詠み人知らず」の詩です。そしてこれはそれを元にした絵本版。
子供のためではなく、今まさに頑張っているあなたのための絵本です。
疲れた日の夜、ふとこんなものを読んでみるのも、よいかもしれませんね。

(もし記事を読んで、「役に立った。よし、これ書いたやつにコーヒー1杯くらいおごってやろうか」などと思ってくださった方は、noteからサポートなどしていただけたら幸いです。シェアも大歓迎です)
スポンサードリンク

2 件のコメント:

  1. こんにちは!
    Twitterからこちらの記事を拝見しました。ぴゃーと申します。
    いきなりですが、フォローさせていただきました。お許しください。


    わたしも現在育児中の身です。

    専業主婦として、母としてやれることはなにか、、
    もっと上手くできないか、、
    そんなことに悩みながら生活しています。


    わたしもHALさんのように、
    1円も稼げていないことに負い目を感じることがあります。
    夫の疫病神になってないかな…??なんて思ったりもしました(笑)


    病気や通院を経ての妊娠、出産も自分と通ずるところがあり、
    ぜひこれからもブログを拝見させていただきたく思います!

    同じ育児中の母として、応援してます。
    つらいときはムリせずやり過ごしましょ!( ^∀^)

    返信削除
    返信
    1. フォロー&記事を読んでいただき、ありがとうございます。
      毎日毎日泣いたり、怒ったり、そして笑ったり。
      悩みはつきませんが、今日も頑張ります。
      応援、ありがとうございます。頑張りすぎない程度に頑張ります^^

      削除

32歳女医、そろそろ子どもが欲しい頃