ad

スポンサードリンク

2015年6月17日水曜日

市販のベビーフードで大豆の誤嚥……豆・ナッツ類を乳幼児にあげる時にはご注意を!

今回はベビーフードの誤嚥のニュースと、豆・ナッツ類の危険性と食べさせる注意事項などをまとめています。
離乳食をあげている方、これからの方、離乳食は終わったけれど幼いお子さんがいらっしゃる方、よろしければ流し読みで構わないので目を通していただきたいなと思います。

また、節分の時期になると、「縁起物だから」と幼い子どもに食べさせようとする人が必ず出てきます。縁起物を食べたがために、誤嚥して入院することになっては意味がありません。
食べさせるなら、固い物を丸ごとあげてはいけません。記事内に食べさせる際の注意点を書いていますので、参考にされてください。

ベビーフードで大豆の誤嚥事故


以前から気になっていたんですが、ベビーフードって結構豆が入っているんですよね。それも月齢が結構低い9か月頃からのものでも、ごろっと丸ごと(薄皮は剥けているけど、カットをしていないもの)入っています。
これ、誤嚥しないかなあ……とヒヤヒヤしながらあげていたんですが……
やはり、誤嚥事故が起きていました。

Injury Alert(傷害速報)|公益社団法人 日本小児科学会 JAPAN PEDIATRIC SOCIETY

↑これは日本小児科学会が一般向けに子どもに起きた傷害を報告しているページ。様々な事故などによる子どもの傷害を防ぐ啓蒙のために、詳しい内容が記載されていて、一般の方には少しわかりにくいのでは、と思わないでもないですが、非常に勉強になります。
リンク先は、前述した大豆の誤嚥の症例が書かれています。

専門用語が多いのでわかりにくいかと思いますので、専門用語をとっぱらって、かいつまんで説明します。

2015年6月13日土曜日

身震い発作(shuddering attacks シャダリング・アタック)〜症状や原因、てんかんとの違い、治療、受診の必要など〜

(この記事を書いた後の経過は、「身震い発作(shuddering attacks シャダリング・アタック)を起こした娘のその後の経過」をどうぞ)


うちの娘なんですが、以前から離乳食中に「ぶるぶるっ」と震える事がよくありました。喩えるなら、おしっこでもしているような? 一瞬の震えです。それこそ「おしっこしてるんだねー」と旦那と笑いながら話していました。確か、10か月とか、そのあたりから時々見かけていたように思います。
1歳すぎてから……というか、最近(1歳2か月)、その身震いが酷くなりました。
両手を曲げて、手のひらをくねらせる? ように開き、目を驚いたように見開いて、両手両肩上半身をガタガタとふるわせるのです。ガクガクというか……すごく力んだ時のような震えです。激しい身震い。
時間にして1秒とか2秒とかそのくらいのせいぜい数秒。1回の食事中に4〜5回あります。
発作中に声をかけると、ふっとこちらに首が動いたりもするので、意識は恐らくあるようで、白目をむくとかはないです。その瞬間は驚いたような顔をしていますが、終われば何事もなかったかのようにふるまいます。このあたり、乳幼児はよくわからないですね。

特に、これまで発達の遅れとかもなく(首のすわりが遅かったですが、それ以外は平均的)、発作が起き始めてからなにか変わった様子もない。てんかん……らしくもなさそうなんですよね。
で、調べてみると、どうも身震い発作というものが近いようです。
しかし、この身震い発作、なかなか医学書を見ても見つからない。(多分小児てんかんとかの専門書には載っているのかもしれませんが、大学の図書館が遠くなってしまったので調べにいけない)ネット上で検索もしたのですが、引用の引用のそのまた引用みたいな同じ文章しか出てこず、これまたあてにならない。
仕方ないので論文中の説明文を求めて調べてみました。
(追記:Nelsonに載ってました、さすがNelson)

身震い発作はどんな症状?


32歳女医、そろそろ子どもが欲しい頃