ad

スポンサードリンク

2016年9月12日月曜日

MRワクチンが不足して接種できない場合の対処法

医療機関に問い合わせると、「MRワクチンが不足しているので、今はうつことができません」という回答だった方も多くなって来ていると思います。
MRワクチンの不足の原因については前回記事をご覧ください。

「どうしよう、このままじゃ麻疹が流行したら感染しちゃうかも!」
と心配の方も多いでしょう。
しかし、ないものはないので、対処法を考える必要があります。

まず麻疹抗体価を調べる

「予防接種歴がわからない」「子どもの時に感染したかわからない」「前回うってからかなり時間が経っている」などでMRワクチンを接種したい方は、まず麻疹抗体価の検査をしてください。

採血だけで検査は済み、数日〜1週間程度で結果が出ます。
料金は施設によりけりですが、自費で4000円程度ではないかと思います。
これで感染の危険性が高いか低いかをまず検査してください。
十分な抗体価がある状態では、MRワクチンを接種する必要性が非常に低いと言えます。そのワクチンを、他の必要な人に回してあげることもできます。
ぜひ一度、検査をしてください。まずはそこからです。

他の医療機関に問い合わせる

これは、定期接種がまだのお子さんをお持ちの方におすすめします。
小児科によっては、定期接種分のワクチンを確保している可能性があります。
特に1歳児の1回目をまだのお子さんには優先して接種している施設もありますので、かかりつけで断られた場合、一度他の小児科をもつ医療機関へ問い合わせてみてください。

輸入ワクチンを検討する

海外ではMMRワクチンという、MRワクチンに流行性耳下腺炎(おたふく風邪)のワクチンをミックスしたワクチンが一般的です。
恐らく今後MRワクチンの不足が深刻になった場合、これを輸入して対応するということになってくると思います(わたしの推測ですが、これ以外に対処法はないと思います)。
ですので、抗体価が低いがMRワクチンが確保出来ない人は、このMMRワクチン接種を考慮してください。
ただ、これはまだ国内でも輸入している量が少なく、扱っている施設も限定的です。
渡航外来をしている施設や、一部の小児科で取り扱いがあります。
もしMMRワクチンを検討するのであれば、一度「渡航外来」「MMRワクチン」で検索をしてみてください。
ただし、渡航者のためにワクチンを優先する医療機関もあると思いますので、まずは電話でお問い合わせください。


大人の場合、まずは「抗体価の検査」ここからはじまります。
ぜひご検討ください。


その他麻疹の記事については、「麻疹情報まとめ(当ブログ内)」をご覧ください。


(もし記事を読んで、「役に立った。よし、これ書いたやつにコーヒー1杯くらいおごってやろうか」などと思ってくださった方は、noteからサポートなどしていただけたら幸いです。シェアも大歓迎です)
スポンサードリンク

3 件のコメント:

  1. 初めまして 
    質問をさせてください。

    里帰りにて出産間近の娘と旦那さんはお互いに
    子供の頃に、MMRを1回受けています。
    旦那さんがもう1度予防接種を受けようと考えていますが
    ワクチン不足で受けることができません。
    抗体検査では「多くはないけどある」です。

    2度目の麻疹ワクチン接種が早めに受けられるといいのですが
    この状態で生まれた赤ちゃんに会いにくることは
    まずいのでしょうか…

    ご意見をお聞かせください

    返信削除
    返信
    1. 旦那さんがどこまで麻疹にかかるリスクがあるか、ということになりますね。
      もし流行地のまっただ中に住んでいるのであれば感染するリスクがありますが、今麻疹が全く発生していないところに住んでいるのであれば、100%ではありませんがほぼ心配はないでしょう。
      赤ちゃんにも、移行抗体と言って、お母さんからの抗体が存在しますので、娘さん自体が抗体がきちんとあれば、感染リスクは少ないです(むしろ生後半年を過ぎてからの方が危険です)。
      可能であれば、娘さんの抗体価も測るとよいかもしれません。
      一つ提案するとすれば、里帰り先でワクチンを探すというのはいかがでしょうか。今、地方の差が出ていて、流行していない地域では普通にうてるところもあります(もちろん定期接種優先ですが、子どもが少ないところでは余剰分が多いので)。

      うまくまとめられませんが、
      「流行地でなければ、100%とは言えないがあまり心配しなくてよい」
      「流行地であれば、主治医と一度相談してリスクを考えてみる(実際には、病院内でも他の面会に来る人もいるので、リスクをなくすことはできないです)」

      ご不安なことと思いますが、きちんと検査やワクチンを調べていらっしゃって素晴らしいと思います。
      10月に出荷する分があるので、出産の頃にはワクチンがうてるのではないか……と思いますが、こればかりは蓋を開けてみないとわかりません。
      まずは娘さんが無事に出産されますこと、心よりお祈り申し上げます。
      あまり色よいご返事ができなくて申し訳ありません。

      削除
    2. 早速のお返事をありがとうございます。
      回答の内容をよく理解し、少しでも不安がとりのぞけるように
      今、出来ることをやっていきたいと思います。
      どうもありがとうございました。

      削除

32歳女医、そろそろ子どもが欲しい頃