このブログを検索

ad

スポンサードリンク

2016年7月31日日曜日

乳幼児への虫除け(忌避剤・ディートDEET)の安全性

さて、毎日暑いですが、外遊びが大好きで毎日でもお出かけしたい子どもさんも多いでしょう。
そして、同時に蚊をはじめとした虫も多い季節でもあります。
虫除けを使いたいけれど、どんな虫除けがいいのか……子どもに安全なのはどんなのだろう……とお悩みの方も多いかと思います。

効果と安全性を考えると、アメリカ環境保護庁(EPA)が認可したものであればよい(とアメリカ疾病対策センターが推奨しています)。
この一つがディートであり、第二次世界大戦に開発されて以降、日本を含む多くの国で使用されている虫除け(忌避剤)です。
これは、人間の皮膚の匂いをマスクする、もしくはディート自体の匂いを嫌がって蚊が寄って来ない、という非常にわかりやすい原理の薬となります(つまり、露出した肌や衣服に使う意味はありますが、衣服の下の皮膚にまで使用する意味はありません)。

2016年7月28日木曜日

2歳3か月の出来事

おにぎりを食べれるようになりました。これまで食べれなかったんかーいと言われそうですが、「おにぎりに噛み付いて食べる」ことができなかったんです。いや、できるんですが、しようとしてくれなかった……
それが、自発的に手で持って! 口に運んで! 食べる!
進化です。長かった……これで小さいおにぎりを毎日作る苦労から解放されるのね……


イヤイヤ期は変わらず横ばいなのですが、たまにとんでもなく酷いときがあります。
で、その時は大体、昼間にあまり遊ばなかったとか、あまり水を飲んでいないとか、要するにご機嫌斜めの時。
そうか、イヤイヤ期ですが、当然その日の機嫌でひどかったり軽かったりするんだな、と今更気づきました。基本的にご機嫌な子なのでこれまで気づかなかった……
前は公園で子どもがいると誰でもウェルカムだったのですが、最近好き嫌いができてきました。自分より小さい子が比較的苦手なのかな?
私が「おいでおいで」とか相手の子に話しかけるせいかもしれませんが、「ちがうの! ままとあそぶのー!」と相手の子を拒否するようになりました。
まあ難しい年頃だしなー、あまり気にしていません。


トイレトレーニング、うまくいきません。

2016年7月17日日曜日

娘がどもりはじめました(吃音)〜発症から1か月頃までの経過記録〜

かなりとびとびになりますが、吃音の記録です。備忘録程度であまり参考になるかわかりませんが、お困りの方はどうぞ。
かなり波はありますが、1か月たったあたりで、かなり改善されています(この記事を書いている現在)。
29日目が境目で、その日に名前をすらっと言えたことで、本人の中で名前を言う事の戸惑いが減ったのか? 徐々に自分の名前を呼ぶことが増えて来ています。少し言いよどむ程度にどもることがありますが、初日のようなことはなくなりました。
このままおさまってくれたらなによりなのですが……

発症直後の記事については「娘(2歳2か月)がどもりはじめました(吃音)」、1週間までの経過記録については「娘がどもりはじめました(吃音)〜発症から1週間の経過記録〜」をご覧ください。


8日目
どうもなにか言えない語があるようなのだが、他の語に変えてしまうのでよくわからない。
名前はどもったりどもらなかったり。文章の最初に来ると確実にどもる。 
あ、い、お、や、ゆ、よ、の語が苦手な傾向。

娘がどもりはじめました(吃音)〜発症から1週間の経過記録〜

これは2歳の娘の吃音の記録です。備忘録程度ですが、もし同じような症状が出て悩んだり苦しんでいる方の参考になればと思い、公開しておきます。
吃音のないお子さんには全く関係ない話と思いますので、興味のある方だけご覧ください。



1日目
詳細は「娘(2歳2か月)がどもりはじめました(吃音)」参照。
本人も自分が自分の名前を言えないことに気付いてとても苦しそう。何度も言おうとしてなかなか言えなくて、苦しそうな表情。

2016年7月7日木曜日

2歳2か月の出来事

別記事で書きましたが、突然どもるようになりました。吃音です。
かなり悩みましたが(吃音があること自体は気にしていないんですが、吃音があることで戸惑って自分の名前を言わなくなった娘の姿を見て涙が出そうになる)、とりあえず様子見中です。これだけで長い話になるので、これについては別記事で。

イヤイヤ期は横ばいなんですが、私も旦那も対応になれてきて、あまり苦痛じゃなくなっています。よくわからないこだわりや我が侭で泣き出したりするわけですが(ご飯の介助をママにしてほしい、いや、やっぱりパパじゃなきゃいや! 手を洗いに行くのはママじゃないといや! みたいな)、なんかもうどうせ一時期のことなんでと、無駄に言い争うのをやめて、わがままにつきあってあげることにしたら、それで解決しました。
わがままといっても、誰かに迷惑をかけるものでも、自分に危険が及ぶものでもないですし、どうせ今だけのもんだしと思っています。
ちなみにご飯をいつまでも食べるブームは終了しました。よかった……

起床時間を早める事で寝かしつけが楽になった先月でしたが、今月はだめだった……7時には寝ますし、昼寝も13時〜15時くらいで落ち着いているんですが、夜が22時過ぎないとほぼ寝付きません。日が長くなったせいもあるかもしれません。うーん、昼寝を短くするしかないかなあ。

運動能力が急に向上しました。と言っても家族がわかる程度の小さいものですが。
例えば、ロープにぶら下がることができる(自分の腕の力で、自分の体重を支える事が出来るようになった)、階段を片手の支えがあれば、かなり安定して上り下りできる、遊具のはしごを3段ほどのぼれる……と言った感じで、これまで全然できなかったのが、ひょいとできるようになりました。
運動苦手な方だなあと思っていましたが、こうやって成長が見えると嬉しいなあ。


吃音はありますが、言葉の発達は順調です。ただ、自分の名前と「にんぎょ」「にんじん」「ろーにゃ」あたりは、一日口にしないこともあります(会話の中で出て来ても、意図的に避けているのがわかる)。
自分の名前を言えないため、一人称「わたし」を使うようになりました。
それさえ除けば、もう大体の会話は理解してくれるし、普通に話してきます。難しい単語を拾って覚えていたりするので驚きます。
どうも臭ってきたので「うんちした?」と質問すると
「してないよー、ぬれぎぬです」
と返ってきました。ぬれぎぬでした。すいません。

数字が突然3まで理解しました。
それに1から10まで数えられるようになりました。
私の母と叔母と娘の3人で写真を撮る機会があったのですが、その写真を見たら「あ、さんにんだ」と言い出し、そこから3を理解しました。なにがきっかけになるかわからないもんだ……
そこから毎日、「いまはこれだけね(指を2本立てながら)」とかやりながら、その場にいる人を数えています。
人間だけではなく、他の物も3までは数えられます。が、4は無理。指は4本立てながらも「ごにんいるね」と言ってたりします。

ただいま絶賛流行中なのは「積み木」です。
実家にあった私と兄の積み木を持って来て、きれいにしてあげたのですが、これがもう。あまりにはまりすぎて、一日中でも遊びたがります。
と言っても自分で積む訳ではなく、私に家や滑り台、その他もろもろを作らせ、小さな積み木を「これはぱぱ、これはまま、これはわたし」と見立てて、ひたすらままごとをしています。想像力だけで無限に広がるままごとの世界! なんて素晴らしい! みたいな感覚なんだと思います。
兄が祖父母に買ってもらったものなので、もう40年くらいの年代物。メーカーは書いてませんが、多分これじゃないかと……
by カエレバ
無塗装、面取りがしっかりされていて、重さが重すぎず、形もいろいろ揃っているのでかなり遊べて重宝しています。

他には砂場遊びが流行中。ひたすら砂をすくって山を作るだけ。後は顔をかいたりするだけ。
なにせ道具が100均のくまで? と丸いスコップ? しかないからなあ。そろそろお砂場セットを買ってあげた方がいいかもしれない。


主に吃音のことで、本当に悩んだ一か月でした。いや、吃音自体は2週間くらいか……
それでもがんばっておしゃべりしてくれる娘が本当にいとおしい。
どもってもいいんだよ。あなたの声が聞きたいです。
元気におおきくなあれ。