ad

スポンサードリンク

2016年8月27日土曜日

生後1歳(12か月)未満の麻しんワクチン・MRワクチン接種は可能か

まず結論から言うと、「生後1歳(12か月)未満の麻しんワクチン・MRワクチン接種は可能です。(施設によって可否があるかもしれませんが)基本的には6か月以降であれば接種できるので、まずは予約時に問い合わせてみてください。

というわけで、以下は詳しい解説など。

麻疹(はしか)の流行が懸念されています。
流行させないために、是非積極的にワクチン接種を行ってください。
まず、これを読んでいる大人の方、その家族。麻疹ワクチン2回接種していますか? 1回では十分な抗体ができていない(もしくは現在減少している)可能性があります。ぜひ2回接種しているか、母子手帳含めて確認しましょう。
もし1歳、小学校就学前の定期接種がまだのお子さんがいたら、できるだけ早く接種してください。



そして、流行のきざしが見えたら(例えば、患者数が増えているというニュースがある、自分の住んでいる地域での発生が報告される、など)、1歳未満の赤ちゃんへの接種も検討してください。麻疹は空気感染します。感染を防ぐことは非常に困難です。
現在公費では1歳と小学校就学前の2回、無料で接種することができます。
しかし、生後半年くらいから任意(自費)でワクチンを接種できます。

麻疹の記事でも書きましたが、
生後4か月頃から徐々に、母親から受け継いだ抗体(移行抗体といいます)が減少してきます。
抗体の量を調べたところ、生後5か月までは6割程度に麻疹の抗体が認められました(母親由来の移行抗体があるため)。
しかし、生後半年を過ぎた乳児(6か月〜11か月)では、なんと4%しか認められなかった、というデータがあります。


流行していない時期に、わざわざ前もって1歳未満で麻疹ワクチン(もしくはMRワクチン)を接種する必要はない、と私は考えます。
しかし、流行のきざしが見えた場合、話は別です。
麻疹は命を奪いうる重篤な感染症であり、後遺症を残すこともあります。また、一度治ったように見えて、大きくなった頃に様々な神経症状が現れ、死に至る可能性を秘めています(SSPEと呼ばれる非常に恐ろしい合併症です)。
副反応が怖いからという理由でワクチンを拒否される方がいらっしゃいますが、麻疹にかかる方が何万倍も恐ろしい、ということをどうか念頭においておいてください。



では実際、いつ頃から麻疹ワクチン及びMRワクチンが接種可能かというと、調べた範囲、一番詳しい解説が書かれていたのは、日本ワクチン産業協会の「予防接種に関するQ&A集」でした。
医療従事者向けなので、ちょっと内容が難しいです(全文に興味がある方は、http://www.wakutin.or.jp/medical/pdf/qa_2016.pdfを参照してください:リンク切れをしていた場合はhttp://www.wakutin.or.jp/medical/)。

かいつまんで解説すると、


「移行抗体は4〜6か月でほぼ消失するため、麻疹流行地では6か月から麻疹ワクチンを接種している国もある。日本でも6か月〜任意接種可能。ただ、ワクチンの効果と安全性は十分には評価されていない(症例数が少ないためと思います)」

「周りで麻疹の流行があり、緊急避難的に0歳でワクチン接種を受けた場合、0歳での接種は1歳以上での接種に比べて、免疫の獲得が十分ではないことがあるため、1歳になったら忘れずにMRワクチンを受けること。第2期も同様に、小学校入学前1年間にMRワクチン接種を受ける事(つまり、3回接種が必要)」


ということでした。
また、製薬会社の対応を見ると、

麻しんワクチン(ビケンCAM)のインタビューフォームには、

生後 6 カ月以後は麻疹罹患の可能性がある。乳児はしばしば重症になるので、罹患の恐れがある場合にはワクチンを接種してさしつかえない。移行抗体によるワクチン効果への影響は、それほど大きいものではないと考えられるが、12 カ月前の接種の効果があがらなかった可能性を考慮して、12 カ月以降に定期接 種として再び接種を行うことが望ましい 。

とあります。
また、北里第一三共ワクチン株式会社のQ&Aでは「通常9か月から接種可能」とあります。


以上から総合的に考えると、「生後6か月(遅くとも9か月)以降であれば、特に流行時には麻しんワクチン及び麻しん風しん混合(MR)ワクチン接種を受ける事は可能」ということで問題ないと思います。

しかし、施設によっては1歳未満でのMRワクチン(もしくは麻疹単独ワクチン)の接種例がなく、対応できない、というところもあるかもしれません。
受診前に、是非予約を取り、その際に「今○か月なのですが、任意接種で構わないのでワクチン接種することはできますか?」と問い合わせておくと、話がスムーズに住むかと思います。
今後流行が起きない事を心から祈っていますが、患者の発生が認められる地域、危険性の高い環境にあるのであれば、乳児(生後12か月未満)への麻疹ワクチン接種をご検討ください。


ちなみに、ワクチン以外の予防方法は、一応N95マスクというのがありますが、大人でも苦しいです……一応子供用もあるようですが、
by カエレバ
こんなので、恐らく小顔用程度で、例えば赤ちゃんにつけれるようなものではないと思います(実物を見た事がないのでなんとも言えませんが)。
そもそも、大人でも苦しいものが赤ちゃんにつけれるわけないです(断言)。大人が自分の感染予防に使うならまだしも……

これ以上の感染拡大がないことを祈りますが、県内で流行が始まった時などには、ワクチン接種の検討もされてくださいね。


その他麻疹の記事については、「麻疹情報まとめ(当ブログ内)」をご覧ください。


参考サイト
http://www.wakutin.or.jp/medical/
http://idsc.nih.go.jp/disease/measles/QA.html
非常にわかりやすいIDSC(国立感染症研究所)の麻疹のQ&A。




(もし記事を読んで、「役に立った。よし、これ書いたやつにコーヒー1杯くらいおごってやろうか」などと思ってくださった方は、noteからサポートなどしていただけたら幸いです。シェアも大歓迎です)
□twitterで @halproject00 をフォローする□
スポンサードリンク

34 件のコメント:

  1. 一歳未満ではしかの予防接種ができるのかどうかなど疑問に思っていたことが分かって安心しました。さっそく病院に連絡したところ、できれば一歳になってからのがいいけどどうしてもというなら…という曖昧な返事でした。でも心配なので9ヶ月の息子と私で予防接種しようと思っています。

    返信削除
    返信
    1. 流行していない地域であれば、やはり1歳で接種がベターだとは思います。施設によっては、やはり経験も少ないので、万全を期すために断るところもあるのではないかと思います。
      私の子どもがもしたらこさんと同じ月齢であったとしたら、やはりワクチン接種をしたと思います。流行やれるだけのことはしたいと思うので……
      接種する先生にも、よかったら話を聞いてみてください。私の調べたのとは違うデータや経験を持っていらっしゃるかもしれません。

      削除
  2. とても参考になりました。
    千葉県在住、現在8ヶ月の息子に受けさせるべきかどうかで、ここ10日悩んでましたが、やはり、受けることにします。
    ただ、来週から用事があり石垣島に行かなくてはならず、今日打つか、出発直前の月曜日にするか、またそこでも悩みます。

    返信削除
    返信
    1. 麻疹のワクチン(MRワクチン含む)は、1週間前後で副反応で発熱や発疹が起こることがあります(うちもそうでした)。
      なので、滞在期間が長いのであれば、もしかすると熱が出るかも……と考えておいた方がいいかもしれません。あまり考えすぎると、うつタイミングを失しますが……もし旅行であったら、十分に楽しめないかもと思ったので余計なことと思いつつ返信させてもらいました。

      削除
    2. ご心配いただきありがとうございます。
      石垣の滞在は4日なので大丈夫だろうと踏んで、今日受けることにしました。
      お友達が湿疹と聞いただけで、もしや麻疹では?と疑う生活に疲れてしまったので、私のためですね^^;
      貴重なご意見をありがとうございました。

      削除
  3. 麻疹が関東各地で出てきたことを聞き
    6ヶ月半の娘にMRワクチンをうけさせるか考えていたときにこちらにたどり着きました。
    私自身は風疹抗体がほとんどついてなくて3ヶ月前に接種しました。なので、子どもには抗体がほとんどついてないのではと思います。
    読んでうける決心がつきました。ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. 私も風疹抗体価がなかなか上がらず、そして先日検査で麻疹の抗体価も低めなことが判明しました。今思えば、大した移行抗体で守ってあげれてなかったんだなあ……
      メリットデメリットありますが、うつ選択肢は十分にありと私も思います。
      どうかこれ以上感染が広がらないといいのですが……

      削除
  4. 東京在住です。6ヶ月の娘に、MRワクチンを打つか決心がつきません。
    かかりつけ医には、保育園に行ってないなら打たなくてもいいのでは?とも言われています。
    先生なら、どうしますか?

    返信削除
    返信
    1. 難しい時期ですね……お悩みのことと思います。
      私自身なら、まず自分の抗体価をはかります。そもそも自分の抗体がなければ、移行抗体もゼロです。(自分が感染したら娘にうつしますし、逆の場合はお世話できなくなるので、その場合は真っ先に自分にワクチンうちます)
      その上でどうするかは悩みどころですが……私ならうちます。流行して、万が一感染してしまった時に「もしあの時にワクチンをうってたら……」と後悔しないために。ワクチンうった上で感染するのとでは、多分後悔の度合いが違うと思うので。
      あくまで私自身の個人的意見です。費用がかかる、副反応がある、抗体がつきにくい可能性がある等のデメリット含めて、よくご検討ください。

      削除
  5. こんにちは。今4ヶ月の娘がおり、沖縄で里帰りしておりましたが、10月の中旬に大阪(その頃にはちょうど5ヶ月になります)に戻るのですが、まだ6ヶ月未満のため、ワクチンもうてず、不安です。
    妊娠する3年前に2回目のMRワクチンをしました。私が抗体検査を受けて、その数値の結果で、赤ちゃんにもこれぐらいよ免疫が残っているというのは、予測がつくものなのでしょうか?免疫がある事を信じるしかない。という中で人混みの空港にいくのが不安でたまらないもので、赤ちゃんの免疫とかを知る手立てがないかなぁーと思い、先生に相談したく記入いたしました。
    よろしくお願いします。

    返信削除
  6. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
  7. こんにちは。今4ヶ月の娘がおり、沖縄で里帰りしておりましたが、10月の中旬に大阪(その頃にはちょうど5ヶ月になります)に戻るのですが、まだ6ヶ月未満のため、ワクチンもうてず、不安です。
    妊娠する3年前に2回目のMRワクチンをしました。私が抗体検査を受けて、その数値の結果で、赤ちゃんにもこれぐらいよ免疫が残っているというのは、予測がつくものなのでしょうか?免疫がある事を信じるしかない。という中で人混みの空港にいくのが不安でたまらないもので、赤ちゃんの免疫とかを知る手立てがないかなぁーと思い、先生に相談したく記入いたしました。
    よろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. はっきりと推定することはできないと思います(もしかしたら小児科の先生はデータをもってらっしゃるかもしれませんが……)
      http://www.glico.co.jp/boshi/futaba/no72/con05_02.htm
      こちらにあるグラフが、移行抗体の経時的変化を表しています。これで、大体出生時から比べて何パーセントあるか、の目安を知る事はできます。
      母体がそもそも抗体を持ってない場合は、移行する抗体もないわけですから、一度測定する意義はあります(2回うっているので、ほぼあると思いますが)が、具体的な数値で安全かどうかを知る事は難しいと思います。
      手段としては、赤ちゃん自体の抗体を採血して調べることは可能なはずですが、採血の負担をかけるデメリットと秤にかけると、よほどの流行地でよほど親御さんのご希望が強い、とかでないと調べる事はないと思います。

      今の時期は、移行抗体自体が少なくてもあるため、もし感染しても軽くすむことが多いとは言われていますが、ご不安であること、お察し致します。
      生後半年からのワクチン接種に積極的な病院を探せたら、半年過ぎたらうてるように、今から予約をお願いする方法はあるとおもいます(MRワクチンが不足しているので、予約すると早めにうてるかもしれません)。
      それと、柴犬けんさんの抗体があるかどうかだけ調べると、「万が一でも軽くすむはず」という自信をもって、空港の移動ができるかと思います。
      こんな返信で申し訳ありません。参考にしてもらえたらと思います。

      削除
    2. こんにちは。いつも先生のページを拝見しております。
      先日は、ご返信頂きましてありがとうございました。
      早速、私の抗体検査をし、結果がでました。

      また報道で、「関空の麻疹終息」とでたものの、来週に大阪に戻る日(娘5ヶ月)が近づいてきて、油断はならないので、SNS,ネットで日々麻疹情報を確認している日々です。

      恐れ入りますが、またお教え頂きたい事があります。よろしくお願い致します。

      ①私の抗体検査は、24.7(EIA)でした。娘(5か月)への移行抗体を、どれぐらいかと計算、推測するものは
      可能なのでしょうか。

      ②報道で「関空の麻疹終息」とでておりますが、私が思うに、関空発信のはしかが終息しただけで、SNS(ツイッター等)では、はしかにかかった等の内容が見受けられて、麻疹事態の流行は、まだ終息してないんじゃないのか?と感じております。こちらについて、先生はどの様に思われますでしょうか。

      ③修飾麻疹の感染力は弱いとネットでみたのですが、感染力は弱いけれども、感染したら発症等(発熱、発疹)も弱いのでしょうか。
      それとも、感染したら症状は、免疫力によるので関係ないのでしょうか。
      →SNSでみてると、風邪と思ったら修飾麻疹だったという記事もあるため、
      麻疹の流行が終息しても、修飾麻疹の方はまだいっぱいいるのでは?
      では、感染力は同じなのか?感染しても、発症等は軽く済むのかな?
      どうなんだろうと疑問に思ったからです。

      ④根本的な質問で申し訳ありませんが、空気感染する「はしかウイルス」は、どのように空気中からなくなるのでしょうか?漠然とした質問で申し訳ありません。 空気にのって、どこまで行くのだろう?とか、感染者が回復したら、その感染者の周りには、麻疹ウイルスはないだろうけど、昨日まで空気中にあったウイルスはどこにどうなっているのだろう?と、そもそも論なのですが、よくわからず疑問に思っております。


      伊丹空港を利用して帰るため、終息したといえども、5か月でワクチンも打てないので、上記なような心配ごとが、増えていく日々です。
      いろいろ疑問がでて申し訳ありませんが、お教えいただけますよう、よろしくお願いいたします。

      削除
    3. 1.計算、推察するのは難しいです。前回お示ししたグラフからいくと、5か月頃は10~15%程度かなと思いますが、麻疹の抗体のみにあてはめられるかはわかりません。もしこのグラフ通りの値とすればEIAで3程度で、感染を十分に防げる値ではないと思います(が、完全に憶測です)
      ただ、移行抗体があるので、全く抗体がない状態での感染よりも軽く済む確率は高いと思います。

      2.これは関空だけの話で、麻疹の流行は収束していません。大阪府の発表は片手落ちと言わざるをえません。ただ、思ったより広がりが遅く、全体のワクチン接種率が高いのだな、と感心しているところです。

      3.感染力は弱いですが、感染を起こせば普通の麻疹と一緒です。普通の麻疹患者さんが18人にうつすとしたら、修飾麻疹の患者さんは数人にうつす程度、というような話であって、ウイルスの強さには関係ないと思います。実際、修飾麻疹の患者さんは、報告されていないだけでいると私も考えています。

      4.ウイルスは、生きた細胞にいないと生きていけません。なので、一定期間空中を漂ったあとは、感染する力を失ってしまいます。生存時間は2時間程度です。

      疑問は当然と思います。参考にされてください。

      削除
    4. 先生、ご返信頂きましてありがとうございました。とても、参考になりました。免疫のあるであろう、今のうちに戻ったほうがいいのかなぁー。と、思いつつあります。あと1週間ありますので、情報を確認して決めたいとおもいます。ありがとうございました。

      削除
  8. 先生、ご返信ありがとうございます。おっしゃる通り、私の抗体検査調べてみます。グラフ拝見しました。少なくなっていく月齢なので、やはり不安です。。。
    奈良で感染がありましたが、徐々に収まってかているのかな?と願いつつあるところです。出発までの約3週間で、収まってくれる事を祈ります。。。相談できて良かったです。ありがとございました。
    ★お詫び★
    使い方がわからずに、重複の投稿となりまして、すみませんでした。

    返信削除
  9. 大変参考にさせて頂いております。ドイツ在住で生後6か月半になる息子がおり、今週末に一時帰国で関空を経由し大阪に帰省します。ドイツでは(水疱瘡も含まれた)MMRVワクチンとなり、生後10か月未満はリスクが高いそうで受けられず、日本でワクチン接種するか、悩んでおります。ただ抗体検査によると母親の私の麻疹の抗体が割と高く(300)、今回の帰国ではBCG(ドイツにありません)の方を予定していたため、麻疹とBCGのどちらもは受けられないので、どちらにするか悩めております。優先順位としては麻疹ですが…。ご相談となり恐れ入りますが、いかが思われますか。

    返信削除
    返信
    1. 日本で接種するとなると、免疫がつくまでに少し時間がかかります(2週間程度)ので、それを考えると今回の一時帰国中に(長期間であれば別ですが)MRワクチンをうつのはあまりよい選択ではないかもしれません。
      もし私であれば、予定通りBCGをうち、次回の帰国までにドイツでMMRVワクチンをうつかな……と思います。
      ただ、帰国のタイミングや滞在期間で条件はかわるので、よかったら参考程度にされてください。

      削除
  10. 早くにご返信ありがとうございます。滞在は3週間です。着いた関空で感染してしまうリスクまで考えると、「予防接種を受けていない子が、はしか患者と接触したときは、72時間以内に予防接種を受けると発病を防げる可能性がある」そうで、それなら効果があるのかもと思いましたが、リスクを考えるとキリがないですね、考えすぎかもしれません。

    返信削除
    返信
    1. 緊急接種ですね。そこまで考えてらしたのでしたら、もし予約がとれるならMRもしくはMMRをうたれてもよいと思います(今、ワクチンが不足しており、前の様にすぐにうつことが難しいのです)。
      ただ、しっかり免疫をつけてからウイルスに暴露されるのと、暴露されてからワクチンをうつのでは、予防出来る確率がかわります。ですが、おっしゃる通り、やらないよりやった方がリスクが減ると思います。
      3週間もいらっしゃるのでしたら、確かに外出の機会も多くなると思います。
      リスクを考えるときりがないのはごもっともです。が、まずはご自分が納得出来る方法がベストだと思います。正答のない問題ですので。
      とりあえず、よければワクチンをうてる(ワクチンを確保している)施設があるかどうか、問い合わせてみてください。
      どうか楽しい滞在期間となりますように!

      削除
    2. 実はMRワクチンの在庫がある小児科は見つかりましたが、そちらの先生は1歳以下の摂取は[日本の子どもは誰もしていないので]勧められないが、どうしてもというなら…とのお考えでした。そう言われると決められないのと、ここ10日間は新たな感染者が大阪奈良付近で報告されていないのもあり、今のところはBCGの方向で様子を見ることにします。どうもありがとうございました!

      削除
    3. BCGで問題ないと思いますが、「日本の子どもは誰もしていない」は誤りですので、それだけは訂正させてもらいます。直接診療したわけでもデータがあるわけでもありませんが、Twitterやブログなどで接種したという方は見かけます。某産婦人科ドクターの子どもさんも12か月未満でうったとブログに書かれていました。
      その小児科の先生の考えもあると思いますので、あまり外野の私は口出ししない方がいいかもしれません、申し訳ないです。
      いらっしゃる時に、流行拡大がないことを祈っています!

      削除
  11. はじめまして。毎日麻疹のニュースをチェックしていたところ、こちらのブログにたどり着きました。
    お忙しい中恐縮ですが、いくつかご相談させて下さい。
    現在青森在住、3人子育て中です。1番下の子が5ヶ月半ばで、6ヶ月になったらMRワクチンを接種すべきか悩んでおります。
    かかりつけの小児科では、6ヶ月になったら打ってもいいよと言われました。ただ、青森まで感染が広がるかなーと消極的ではありました。
    また、6ヶ月で打ったら次は年長の時に接種で!1歳で続けてすぐ打つとそれこそリスクがあるとも言われており、この点に疑問を感じております。
    6・7ヶ月で打っても1歳になってすぐ打つのはリスクがあるのでしょうか。
    また、現状の流行状況の中、青森で打った方が良いのか、先生の考えをお聞かせ頂けたらと思います。
    よろしくお願いいたします。

    返信削除
  12. はじめまして。毎日麻疹のニュースをチェックしていたところ、こちらのブログにたどり着きました。
    お忙しい中恐縮ですが、いくつかご相談させて下さい。
    現在青森在住、3人子育て中です。1番下の子が5ヶ月半ばで、6ヶ月になったらMRワクチンを接種すべきか悩んでおります。
    かかりつけの小児科では、6ヶ月になったら打ってもいいよと言われました。ただ、青森まで感染が広がるかなーと消極的ではありました。
    また、6ヶ月で打ったら次は年長の時に接種で!1歳ですぐ打つとそれこそリスクがあるとも言われており、この点に疑問を感じております。
    6・7ヶ月で打っても1歳になってすぐ打つのはリスクがあるのでしょうか。
    また、現状の流行状況の中、青森でも打った方が良いのか、先生の考えをお聞かせ頂けたらと思います。
    よろしくお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. 私自身、まだ流行地域から離れている地域にいます。
      が、移行抗体の減少を考えると、もしうちの子がその月齢なら、接種の予約をいれると思います。というのも、流行してきてからMRワクチンをうてればいいのですが、その頃には全国的に流行していて、本格的に手に入らない可能性があるからです。
      とはいえ、これは個人的な意見です。流行していなければ、無駄なリスクを増やす必要もないので、1歳での接種が最適と思います。結局、流行がどこまで広がるか。それは予測できないし、結果論でしか語れないことと思います。
      「もしあの時にうっていたら……」と後悔するかしないか、それは人によって違うと思いますので、是非もう一度考えてみてください。

      ただ、今打ったら次は1歳です。
      恐らく今回の事態はこれまでになかったので、先生はご存知ないかもしれません。よければこのページか、中にあるワクチン協会の文書を先生にご提示いただけたらと思います。(読んでいただければわかると思います)

      削除
    2. 早速ご返答ありがとうございます!
      ワクチンは予約いらないから、6ヶ月過ぎたら打ちに来ればいいと言われています。打つとすれば11月になるのですが、その時点でまだ流行拡大がなければ、もう少し様子見てて良いものか、それとも先手を打つべきかも悩んでおります。
      また、ワクチン協会のページには、1歳未満で打つなら麻疹単独ワクチンで…のような記載がありますが、MRワクチンで打った場合も1歳早期に追加して大丈夫なものでしょうか?
      重ねての質問で申し訳ありません!

      削除
    3. MRワクチンで差し支えないと思います。
      英語ですが、アメリカのCDCでは麻疹流行地に旅行する際は、12か月未満にMMRワクチン(そして1歳以降追加で2回接種しろ)となっています。
      http://www.cdc.gov/measles/travelers.html
      日本のMRワクチンのインタビューフォーム(添付文書で足りない情報を補完したもの)でも、「生後 6 カ月以後は麻疹罹患の可能性がある。乳児はしばしば重症になるので、罹患の恐れがある場合にはワクチンを接種してさしつかえない。移行抗体による ワクチン効果への影響は、それほど大きいものではないと考えられるが、12カ 月前の接種の効果があがらなかった可能性を考慮して、12 カ月以降に定期接種として再び接種を行うことが望ましい」とあります。

      予約なくうってもらえるようなら、流行を見極めてからでも問題ないと思いますよ。感染の拡大は予測ができないので、どうかあまりお悩みにならないでください。
      あとは、打たないことがストレスになるようなら打つ、というのも一つの選択肢と思います。
      これ以上地域拡大しないといいのですが……

      削除
    4. ご相談にのって頂き、ありがとうございました。CDCの文書も読んでみたいと思います。
      悩みすぎも良くないですね!こちらの地域ではまだ危機感がなく、報道もされていないため、大変参考になりました。
      麻疹の情報が全てまとめてあるブログは、HALさんのものだけなので、今後もチェックさせて頂きます。ありがとうございました!

      削除
  13. はじめまして。カナダ在住のものです。来月3歳の子と8ヶ月の後を連れて帰国します。東京に住んでいるのですがやはりはしかの予防接種はしていったほうがいいのでしょうか。お願いします。

    返信削除
    返信
    1. ちょうど南北アメリカ大陸で麻疹根絶宣言がされたところですね。
      アメリカのCDCが、麻疹流行地へ行く場合の対応をまとめてくれています。
      http://www.cdc.gov/measles/travelers.html
      流行地に日本を含めるかどうか微妙かもしれませんが、今の根絶したアメリカ大陸側からすると、ぜひMMRワクチンをうっていけと言われるのではないかと思います。
      東京自体、今は患者数自体はあまり多くありませんが、人口が多いので今後どうなるかは蓋をあけてみないとわかりません。
      カナダの方で渡航外来があるか寡聞にして存じ上げませんが、一度相談されてみてはいかがでしょうか。今のアメリカ大陸の状況を考えますと、万が一を考えてMMR接種を(個人的には)おすすめしておきます。
      帰国時に流行が広がっていないことをお祈りいたします。

      削除
  14. アラレちゃん2016年9月29日 2:10

    MRワクチンの副反応について、ご相談させて下さい。30日に、生後6ヶ月になったばかりの娘にMRワクチンを接種予定です。なかなかワクチンが見つからず‥18件程の小児科に電話をして、やっと一つ見つかりました。実は、10日程前に、私自身もMRワクチンを接種しました。そして本日、その副反応なのか発熱しました。体が怠く、めまいも伴いました。発熱、怠さ、目眩以外は風邪のような症状もなく、なんとか頑張って育児をしております。私自身の考えとしては、弱毒性のワクチンで副反応が起きたのだから、麻疹に感染したら、この程度ではすまないのだと感じ、ワクチンを接種して良かったと感じています。が‥生後6ヶ月になってすぐの娘に接種するのに、少し不安も感じています。脳炎や脳症になるこどもあるのですよね?1歳未満に接種することで、より副反応が強く出ることはあるのでしょうか?先生のご意見をお伺いしたいと思います。麻疹に感染しないかと日々怯えているので、私の精神的な面においても、接種する方が、不安から解放され、安心して生活が出来ると思ってはいるのですが‥少し怖い部分もあります。よろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. 私自身気になって調べたのですが、全体として1歳未満で接種する数が少ないこともあって、副反応が多いというデータも、少ないというデータも見つかりませんでした。(特殊な重篤な副反応があれば記載があると思うので、恐らく1歳以降とあまり変わりない副反応ではないかと思います)
      そう言う意味では、はっきりとデータの揃っている1歳以降でうつ方が気持ちの上では気楽ですし、ベストだと思います。副反応とわかっていても、熱や発疹が出ると心配なのは当然です。とても頻度が低くとも、重篤な副反応も起こらないとは言いきれません。
      ただ流行している地域では、明らかに「感染するよりマシ」という点でうつ方がメリットが大きい。
      ですので、流行を見極めてうつのも一つの手段です。
      私でしたら、同じ県内、周辺の県で発生したら、メリットデメリット考えた上で、その月齢でも接種したいと考えます。が、あくまで個人的な意見です。
      答えのない問題ですので、周辺の流行状態もみて、接種するドクターともお話しされてみてください。
      このような返信で申し訳ありません。

      削除
  15. アラレちゃん2016年9月30日 20:55

    先生、ご回答ありがとうございます。29日の夜、夫とMRワクチンの接種について話し合い、本日、無事6ヶ月の娘に接種を済ませました。接種直後30分はかなり緊張しましたが、アナフィラキシーのような重篤な副反応は起こらず、少し安心しているところです。本日から2週間位は、しっかりと娘の体調を見ていきたいと思います。接種前に、担当の先生とも話をしました。私自身の接種後の発熱の話をしましたら、子供より大人の方が発熱するとの事でした。接種が終わり、麻疹の不安からは解消されました。後は一歳になったらの定期接種です。これから冬にかけては、インフルエンザ‥そして、今、まさに流行中のRSウイルス‥不安は沢山ありますが、育児を頑張りたいと思います。寒暖の差が激しい日がありそうです‥先生、どうかお体ご自愛下さい。この度は、本当にありがとうございました。

    返信削除