このブログを検索

ad

スポンサードリンク

2017年4月9日日曜日

ハチミツを赤ちゃんにあげたらダメって本当ですか?!〜ボツリヌス菌と芽胞の話〜

ハチミツの容器の注意書き、知ってますか?

あなたはハチミツ、好きですか?
私は大好きです。
パンにつけてよし、料理に入れてよし、お菓子作りに使ってよし。
ヨーグルトにかけて食べるのも大好きです。
自然の優しい甘みに、豊かな香り、なにより体に良さそうでいいですよね!


ところが、ハチミツの容器をひっくり返して驚きました。
そこにはこんな文字が。。。


「1歳未満の乳幼児には与えないでください」


えええー、なんで?!
赤ちゃんにも自然の美味しい、体にいい物を食べさせてあげたいよ!
トロトロで使いやすくて、離乳食にもぴったりじゃないの?!

一体、なにがいけないのでしょうか……?
ハチミツを赤ちゃんにあげたらダメって本当なの?
そんなわけで、少し調べてみました☆



はちみつに潜む「ボツリヌス菌」って何?!

はちみつは天然由来。
自然からとれる、栄養満点の甘味料。
でも……天然由来だから、実は中にバイキンが潜んでいるって、知っていましたか?

バイキンの正体は「ボツリヌス菌」。。。


「えっ、でもこれまで食べて来たけど、そんなバイキンでお腹こわしたことないよ?!」


と思いますよね。
実はこのボツリヌス菌、大人では悪さをしないんです。
ハチミツの中にいるボツリヌス菌は、ちょっと特殊。
芽胞(がほう)」といって、バイキンの種のような状態で潜んでいるんです。
これを大人が食べても、大人の体は強いので、簡単にやっつけてしまうんですね。

ところが!
赤ちゃんの体はまだまだ未熟、、、
このバイキンの種が入ってくると、お腹の中でバイキンが飛び出して、バイキンは赤ちゃんの中でを吐き出します。

このバイキンの毒、最悪、死に至るんです……!
体のあちこちが麻痺していきます。最初はただの便秘かな? と思っていたら、なんだか元気がなくなって、おっぱいを飲む力がなくなって、段々体の力が入らなくなって……
そして、なんと、呼吸をする筋肉まで麻痺してしまうと、、、息ができなくなるんです。。。

ハチミツをあげてしまった事が原因で、亡くなってしまった赤ちゃんが、実際にいます。。。


「でも、これまでにあげてて大丈夫だったよ!」

と思う方も多いと思います。
そうです、昔は知らずにあげていた方もたくさんいらっしゃいます。
もしハチミツを食べてしまっても、全ての赤ちゃんが死ぬわけではありません。
でも、赤ちゃんにとってハチミツは、「もしかすると死ぬかもしれない」ものなんです、、、
これまで「原因不明」の赤ちゃんの突然死の原因の一部は、実はこのバイキンの毒によるものかもしれないと言われています。

昨日まで元気だったのに、突然赤ちゃんが元気がなくなって、死んでしまったとしたら……?
これじゃあ怖くて、ハチミツはあげられませんね。。。

ものすごく頑丈で、ありえないほどしぶといバイキンの種

「じゃあ、煮たら大丈夫でしょ? ハチミツをいれた肉じゃがをしっかり柔らかく煮込んで、離乳食に取り分けてあげるくらいなら問題ないよね?」


と思いますよね。

しかし!
恐ろしい事に、このバイキンの種。

加熱しても壊れないんです。

すごく頑丈な種の状態なので、煮ても、焼いても、揚げても、ビクともしないんです。
なんて怖いボツリヌス菌の芽胞……!



おいしいお菓子屋さんのマドレーヌや、スーパーの食パン、裏に小さく書いてある「原材料名」のところを見てみてください。
「ハチミツ」が入っている事があります。
でも、、、
そう、焼いても、バイキンの種は壊れていませんから、このマドレーヌも食パンも、赤ちゃんにとっては毒になるんです。。。

なので、市販のものを赤ちゃんにあげる時は、ささっと裏の文字をチェック!
「はちみつ」が書かれていたら、食べさせないように注意が必要なんです。
お菓子屋さんで買う時には、お店の人に
「これってハチミツ使ってますか?」
と聞いてみるのもいいですね!



美味しいはちみつを我慢するのは1歳まで

体にいい、優しい天然の甘味料、ハチミツ。
赤ちゃんにもあげたいという、優しいお母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんの気持ちが、赤ちゃんを病気にしてしまうのは、あまりに悲しいことです。

これまでハチミツをあげていたけど、なんともなかったよ〜〜〜という方。
今日まで無事で、本当によかった……!

さあ、今日から、少し考え方を切り替えてみましょう!

赤ちゃんの体が十分に大きくなって、バイキンと戦えるようになるまで、ハチミツはあげないようにしましょう!

1歳を過ぎると、体が徐々に調ってきます
大きくなれば、ハチミツを使った食べ物も解禁ですね!


はちみつの容器の裏や、はちみつを使ったお菓子の袋に書かれている
「1歳未満の乳幼児には与えないでください」
という文字には、そんな意味が込められているんですね。

1歳まで。
それは、ほんの短い期間です。
大切な赤ちゃんだからこそ、美味しいもの、体にいいものを食べさせてあげたい!
そんな気持ちを、今だけぐっと我慢。
早く大きくなって、元気にパパママ、じいじばあばと一緒に、美味しくハチミツが食べられるようになりますように☆


(もし記事を読んで、「役に立った。よし、これ書いたやつにコーヒー1杯くらいおごってやろうか」などと思ってくださった方や、金はかけたくないけど支援する方法があるなら……と思った方は、noteからサポートなどしていただけたら幸いです。シェアも大歓迎です)


□twitterで @halproject00 をフォローする□
スポンサードリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿