ad

スポンサードリンク

2016年9月15日木曜日

大阪市立大学付属医学部病院での医師らに麻疹感染・関空患者より感染

関空での麻疹患者に対応後の医師1人、事務職員1人、看護師1人に麻疹感染(疑い含む)が判明しました。
大阪市立大学医学部付属病院からのお知らせは以下のリンクへ。


大阪市立大学医学部附属病院における麻しん(はしか)の院内感染についてhttp://www.hosp.med.osaka-cu.ac.jp/20160914.pdf

9月9日に医師(直接診察したわけではなく、付近で勤務)1人に感染・発症が判明、9月12日に事務職員、看護師(感染疑い)が判明。

いずれも自宅待機、経過良好のようでなによりです。
接触のあった患者さんには直接連絡をとっているようですが、「 平成28年9月12日(月)午前8時30分から午前11時30分の時間内に 当院 3 階の中央臨床検査部で採血検査を受けられた方で、9 月 17 日(土)から 10 月 2 日(日)(麻しんの潜伏期間を考慮)までに、 37.5 度以上の発熱があり、麻しん(はしか)にかかったことがない方」(上記サイトより引用)の方は電話相談
するように、とのことです。
対象の方は、上記リンクをご覧ください。
まだ潜伏期間ですので感染者が出ていないだけではないかと考えられます。誰にもうつってないとよいのですが……受診された方は、体調にご留意ください。

追記:大阪市立大病院から面会の制限が出ました。
入院患者さまへのお見舞いの制限について
http://www.hosp.med.osaka-cu.ac.jp/doc/hospinfo_20160915.pdf


医師は就職時や医学生の時に予防接種歴チェックや抗体価の検査&追加接種をしたりするのですが、どうしても抗体価があがらない人、抗体がつかない人も出てきます。
今回のスタッフがどうだったかわかりませんが……改めて空気感染の恐ろしさ(というか厄介さ)を感じます。

産経・NHKなどからも同様のニュースが出ています。
【はしか集団感染】大阪市立大病院の女性医師ら3人院内感染、関空での感染患者に対応後 - 産経ニュース
 http://www.sankei.com/west/news/160915/wst1609150010-n1.html
関西空港のはしか患者が受診した大阪市大病院の医師も感染か | NHKニュース   http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160915/k10010686561000.html

付近の方でMRワクチン未接種の方、接種歴が不明の方。まだ流行が続く事が懸念されます。ご自身が流行源とならないためにも、ぜひ早めに医療機関にご連絡ください。

その他麻疹の記事については、「麻疹情報まとめ(当ブログ内)」をご覧ください。


(もし記事を読んで、「役に立った。よし、これ書いたやつにコーヒー1杯くらいおごってやろうか」などと思ってくださった方は、noteからサポートなどしていただけたら幸いです。シェアも大歓迎です)
□twitterで @halproject00 をフォローする□
スポンサードリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿