ad

スポンサードリンク

2016年8月31日水曜日

大阪府(関西空港)で麻疹集団感染(9月29日終息)

大阪府で麻疹の集団感染が出ました。
大阪府からの発表はこちら

麻しん(はしか)の集団感染について


私が最初に見た記事では、2人発生、37人に二次感染の疑い、となっていましたが、16人が麻疹陽性になったとのこと。
まだ症状のある人がいるので、これから人数が増えると思います。

追記:9/12時点で感染者が33人、12日で全員回復したようです。
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=25204
予防接種歴については、1回接種5人、2回接種13人、未接種5人、不明10人となっています。予防接種をしているのに感染している人が多い! とは驚かないでください。
こちらについては「統計トリック〜麻疹のワクチン(予防接種)を受けている人の方が感染者が多くなる?!〜」に解説を書いています。



最近ニュースになった、ジャスティンのコンサートへ行った西宮市在住19歳男性が、確か5日帰国、その後9日に39.1度の発熱。
関空を使ったのなら、5日に接触、潜伏期間10日程度で関空スタッフが発症、17日に入院治療……という流れの可能性があるのかな、と思います。西宮市の男性が関空使ったかわからないので、あくまで私の憶測です。
(追記:
関空ではしか感染の恐れ 発症者が幕張メッセのコンサートに 厚労省が注意喚起 http://www.sankei.com/life/news/160831/lif1608310041-n1.html
産経からニュース出ました。例のコンサートの西宮市の男性、関空を利用していたようです。犯人探しをしても仕方ないですが……)
今後ウイルスの型を調べると思うので、それで感染経路がわかるかもしれません。
(追記:
こちらも報道出ました。同じ型のウイルスだったので、誰が感染源がはともかく、感染経路は一つのようです。)
(追記:7/31に少なくとも4人が感染→発症しているようなので、どうも他に感染源となる人が関空にいた可能性が高いです。ウイルスの型は中国で流行しているタイプということがわかっています。http://www.asahi.com/articles/ASJ924RXCJ92PTIL00S.html

追記:2016/09/12
大阪府立消防学校 約80人が発熱など訴え休校に | NHKニュース   http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160912/k10010682051000.html
報道当初から麻疹感染の可能性が示唆されてきましたが、溶連菌感染症の疑いが出ているようです。麻疹以外にも様々な感染症がありますので、パニックにならないようお願いします。

追記:
関西空港のはしか患者が受診した大阪市大病院の医師も感染か | NHKニュース   http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160915/k10010686561000.html
さらに医師、事務職員2名が感染を起こしています。直接診察したわけではなくても感染するのが空気感染の恐ろしさです。

追記:
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=25386
2016年9月29日に国立感染症研究所感染症疫学センターの麻疹発生時対応ガイドラインに基づき、麻疹の集団発生の終息が発表されました。
2次感染とかをどこまで考慮しているの? 明確な関連性がないって本当かいな? 遺伝子型同じで国内感染してるってかなり疑わしいんじゃないの? と思わないでもないですが、とりあえず「関西空港内事業所においての」麻疹の集団感染は終息したようです。発生の発表は遅かったのに、終息の宣言だけは早いなあ。


どうかみなさま、ワクチン2回接種の励行をお願いします。
ぜひ友達や親兄弟にも聞いてみてください。
ちなみにうちの親にも聞いてみましたが、多分1回しかうってないとのことで、1回接種だと10年くらいで完全には感染防げなくなるよ。流行しそうだから、できたらもう一回うっといて! と説明しました。(ただ、親も医療関係者なので、世代と職業的に、麻疹ウイルスと接触してブーストしてる可能性が高いですが)
麻疹は治療法はありませんが、ワクチンで防げます。
そして流行させないことで、抗体を作れない人、ワクチンを医学的にうてない人、幼い赤ちゃん、妊婦さんも間接的に守れます。
今回、関空で感染したのは、20代、30代の人たちです。
みんなでみんなを守りましょう!


その他麻疹の記事については、「麻疹情報まとめ(当ブログ内)」をご覧ください。



(もし記事を読んで、「役に立った。よし、これ書いたやつにコーヒー1杯くらいおごってやろうか」などと思ってくださった方は、noteからサポートなどしていただけたら幸いです。シェアも大歓迎です)
□twitterで @halproject00 をフォローする□
スポンサードリンク

2 件のコメント:

  1. 初めまして。同世代同業で、もうすぐ1歳の子育てしながら、今は検査外来メインで時短で働いてます。うちの子もコンサートの男性の一件を聞いてから、流行する前にと先日MRワクチンを任意で打ってきました。私も麻疹抗体価が十分でなく、一緒に接種してきました。
    このコンサートの男性は、発熱してから複数の医療機関にかかったものの、初めは診断に至らなかった経緯もあるようです。最初は発疹も出ないし診断は難しいでしょうから、私たち医師も渡航歴やワクチン歴、診断に至らない時点でも伝染性のある感染症の可能性、二次感染予防の必要性を本人に話すなど、気をつけていく必要がありますね。
    出産前と同じペースでは働けず、子育てももちろん大事なので今のペースがいいのも分かってはいるのですが、病棟見てた頃に比べるとやりがいやモチベーションなど、いろいろ葛藤もありますが、先生のように私もコツコツと、知識を増やしていこうと思っています。
    また時々おじゃまさせてください!

    返信削除
    返信
    1. はじめまして。もしかして知り合いなんじゃないかとひやひやしつつ返信させていただきます。
      実際、発熱のみで受診されたら、渡航歴をわざわざ本人が言ってくれでもしなければ「風邪でしょうね」でかえしてしまっただろうな、と思います。改めて問診の重要性を痛感します。
      外来の限られた時間で、今回の男性に対して自分なら何が出来ただろう……「他の症状が出て来た時は改めて受診してくださいね」が限度だったかなあ、とも思います。
      私自身復職できておらず、日々「このままでいいのか」と葛藤の日々です。で、葛藤の結果、病院じゃなくてもできることがないかな、と。ブログという形で、外来で接する以上の人数の方に、少しでも正しい知識を得てもらえたらなあと思い、子育てに追われながらつらつらと記事にしているところです。
      お互い大変ですが、がんばりましょう!

      削除