ad

スポンサードリンク

2016年8月31日水曜日

大阪府(関西空港)で麻疹集団感染(9月29日終息)

大阪府で麻疹の集団感染が出ました。
大阪府からの発表はこちら

麻しん(はしか)の集団感染について


私が最初に見た記事では、2人発生、37人に二次感染の疑い、となっていましたが、16人が麻疹陽性になったとのこと。
まだ症状のある人がいるので、これから人数が増えると思います。

追記:9/12時点で感染者が33人、12日で全員回復したようです。
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=25204
予防接種歴については、1回接種5人、2回接種13人、未接種5人、不明10人となっています。予防接種をしているのに感染している人が多い! とは驚かないでください。
こちらについては「統計トリック〜麻疹のワクチン(予防接種)を受けている人の方が感染者が多くなる?!〜」に解説を書いています。

2016年8月29日月曜日

和光堂のベビーフード異物混入再び・6万食回収・青い樹脂片

再びというか三たび以上あるようですが、また起きました。

以前起きたのは2015年1月の事。
和光堂のベビーフードにコオロギ?! 異物混入の話
和光堂のベビーフードにコオロギ?! の続報 自主回収&「五目中華どん」にも虫混入…

この記事に「プラスチック片などのように、ガラスや石なんかの口の中を怪我するようなものの方が、ベビーフードに混入していた場合、非常に恐ろしい」と書いたのですが、まさに起きてしまったなあ、という感じです。
ただ、青色の樹脂片ということ。食品を扱う工場では異物混入対策として、見つけやすい青色を使用する(食品には青色がないから)ことがある、という話を聞いた事があります。
ですので、前回のコオロギはどこで混入したかわからずじまい(と、思います。続報あったらすいません)でしたが、今回は工場内の混入の可能性が高いように思います。どこかが破損していたのか……

2016年8月28日日曜日

2歳4か月の出来事

ジャンプができました!
私が運動神経鈍いとか、外遊びが苦手だとかも原因とは思うのですが、いろいろ練習させてもできなかったジャンプが! ついに!
両足で、一人で、飛べるようになりました!


イヤイヤ期が現在ピークです。いや、まだ上があるのかもしれませんが、とりあえず今はこれまでで一番ひどい。
「もー! しないっていってるでしょー!」
「もー! それはいいからー! ○○するのー!」
と、大声でヒステリックに叫びます。
……ああ、それね、きっと私が言ってるのね……
子どもを見ると、本当に「子は親の鏡」を実感します。本当にごめん、私だわ。

ワクチンの副反応に怯えないで!〜麻疹ワクチンを例に〜

時々「副反応(副作用)が怖いから、うちはワクチンをうちません」という保護者の方がいらっしゃいます。
しかし、よく考えてください。
副反応の確率と、実際に感染した場合に症状が出る確率、どのくらい差があるがご存知ですか?

北里第一三共ワクチン株式会社のワクチンの基礎知識のページに、とてもわかりやすい表がありましたので、引用させていただきます。(実際のページはhttp://www.daiichisankyo-kv.co.jp/knowledge/sick/v_measles.html

2016年8月27日土曜日

生後1歳(12か月)未満の麻しんワクチン・MRワクチン接種は可能か

まず結論から言うと、「生後1歳(12か月)未満の麻しんワクチン・MRワクチン接種は可能です。(施設によって可否があるかもしれませんが)基本的には6か月以降であれば接種できるので、まずは予約時に問い合わせてみてください。

というわけで、以下は詳しい解説など。

麻疹(はしか)の流行が懸念されています。
流行させないために、是非積極的にワクチン接種を行ってください。
まず、これを読んでいる大人の方、その家族。麻疹ワクチン2回接種していますか? 1回では十分な抗体ができていない(もしくは現在減少している)可能性があります。ぜひ2回接種しているか、母子手帳含めて確認しましょう。
もし1歳、小学校就学前の定期接種がまだのお子さんがいたら、できるだけ早く接種してください。

2016年8月26日金曜日

ワクチンの効果と「集団免疫」という考え方

様々な病気のワクチンが存在しますが、その効果というのはいずれも、

  1. 感染を防ぐ
  2. 感染しても重症化を防ぐ
  3. 流行を防ぐ(集団免疫)


という3点に集約されます。
ですので、それぞれの効果が高く(例えば接種してもほとんど免疫がつかないワクチンや、抗体ができても感染も重症化も防げないようなワクチンも意味がない)、かつその効果(メリット)が副反応などのデメリットを差し引いてもありあまるほどであるもの(免疫がいかについたとしても、接種した人の1%が副反応で死亡する、などというワクチンでは恐ろしくて使えない)が、「ワクチン」として流通している、ということになります。


ワクチンを接種した人自身のメリットはわかりやすいと思いますが、3番目の「集団免疫」については、知識のない方にはピンと来ないかもしれません。
別ブログで麻疹風疹についての記事でもちらりと書きましたが、簡単に説明します。

2016年8月25日木曜日

我が家のおすすめ絵本 1歳半〜2歳 その2

そして定番のノンタンとこぐまちゃんシリーズも本棚に追加されました。

クリスマスに実母が「プレゼントになにかほしいものがある?」と聞かれたので、おねだりしたのが下の2冊。絵本はあまり高くないので、こういう時におねだりしやすくて助かります。

ノンタンのたんじょうび

キヨノ サチコ 偕成社 1980-12-17
by ヨメレバ
私が子どもの時に大好きだった本。
これ、内容が深いんですよ。ノンタンの誕生日におともだちがサプライズパーティをする……という、どうかんがえても子どもが思いつかない&やれるわけがないような内容なんですが……

2016年8月21日日曜日

身震い発作(shuddering attacks シャダリング・アタック)を起こした娘のその後の経過

身震い発作(shuddering attacks シャダリング・アタック)〜症状や原因、てんかんとの違い、治療、受診の必要など〜の記事の最後に、追記としてその後の経過をメモしてきましたが、あまりに長くなって読みやすくするために別記事にしました。
一旦は治まったのですが、2歳過ぎて時々また身震い発作を起こすようになっています。ほぼ同時期に吃音も生じましたが、どちらも経過観察しています。
それまでの経過については、上記の記事をご覧ください。
こちらの記事は経過を見ながら随時更新していきます。


1歳2か月過ぎ〜
ベビーシートや、寝る前の眠いときにも発作が起きるようになりました。本人は笑顔でご機嫌なのですが……


予防接種で「ひきつけ」の項目でひっかかり、小児科のドクターの診察を受ける事に。
動画も見てもらいましたが、
「ひきつけ(てんかん)ではないですねえ」
ということで無罪放免。
ただし、身震い発作という言葉もご存知ではなく(医学単語として一般的ではない)、よくある話ということでもなかったです。


2016年8月7日日曜日

我が家のおすすめ絵本 1歳半〜2歳 その1

全く医学と関係ない話ですいません。
1歳半過ぎて更にどんどん増えて来た本棚ですが、その中でも選りすぐりの絵本を紹介。
相変わらず書き出すと長く長くレビューしてしまったので、今回も分割……
おおきなかぶ、こんとあき、おふろでちゃぷちゃぷ、ねないこだれだの4冊です。


おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本)

A.トルストイ 福音館書店 1966-06-20
by ヨメレバ
言わずと知れたこれ。
1歳で読めるストーリーがある話として、最も読みやすい本と言っても過言じゃないと思います。
他の出版社からいろんなおおきなかぶがでていますが、絶対この絵。昔からあるこの絵が一番(個人的感想)。
大人になって見ると、おじいさんのファンキーさにときめきます。親指立てて踊ってたり、多分それじゃあ絶対抜けない絵のページもあります(かぶに足を掛けて引っ張ってる)。

2016年8月6日土曜日

我が家のおすすめ絵本 1歳〜1歳半 その2

というわけで、あまりに長くなったので分割したその2。
「ノンタン」シリーズと「こぐまちゃん」シリーズから何冊か。

ノンタンシリーズは私が子どもの頃大好きで、もうぼろぼろになるまで読みました。今読んでも覚えてるくらいだから、もう本当にどれだけ読んだかわからない。
ただ、絵がスタイリッシュではない(おい)、流石に内容が古い……という理由で、あまり自分の子どもに読ませる気はなかったのですが……
なんと、私が読んでいた本が、いとこの子どもの手に渡って→それが娘に返ってくるという脅威の循環をみせまして、無事に私の絵本が娘の手元に届きました。なんてこったい。
そのうちの1冊がこちら。

2016年8月3日水曜日

我が家のおすすめ絵本 1歳〜1歳半 その1

少しずつわかる言葉も増えて来て、読み聞かせらしい読み聞かせができるのが楽しい頃。
絵本もぐんと増えました。
厳選しておすすめの本を何冊か……と思っていたら、熱くなりすぎてあまりに長くなったので、分割しておとどけします。

その1は「おつきさまこんばんは」「はやくねようね、ペネロペ」「ぎゅっ」の3冊です。


2016年8月1日月曜日

我が家のおすすめ絵本 0歳〜1歳

私自身が無類の本好きということもあって、文章を読むのが苦痛じゃない子どもになって欲しいなーというのが我が家の希望。
とはいえ、特別英才教育をする予定もないので、楽しめそうな絵本を日々探索しています。
そんな中で我が家で愛読されている絵本たちをレビューと言いますか、感想と共にご紹介。今回は1歳までに手に入れたものです。
0歳児におすすめの絵本はなかなか難しい(理解できないという意味で)のですが、我が家で楽しめた物を何冊かご紹介します。
ちなみに我が家は女の子です。ご参考に。

32歳女医、そろそろ子どもが欲しい頃