このブログを検索

ad

スポンサードリンク

2016年6月13日月曜日

娘(2歳2か月)がどもりはじめました(吃音)

つい先日のことです。
突然、娘が自分の名前を「なーーーーーーーーーーーーまえ!」のように、名前の最初の一文字を伸ばすようになりました。いわゆるひきのばし、伸発という吃音です。
さすがに本人も言葉が出て来ないのが苦しい様で、顔をしかめながら、引きのばします。

うちの娘は随分言葉の発達が良好で、すでに3語文を越えて、4語、複合文等々、かなり難しい言葉も交えて喋ります。
いろいろな単語がいろいろ出てくるので、質問すると「き……きききき、きりん」とか「ままま、まま!」とかの、所謂連発という吃音も出ていたのですが、正直全く気にしていませんでした。これだけ難しい言葉がいろいろ出てくるんだから、スムーズに単語が出て来なくて当然だよな、くらいで、どもっているなとすら感じていませんでした。

それが、突然の「なーーーーーまえ!」です。
ん? こりゃ本格的に吃音じゃないか?

2016年6月7日火曜日

「おやすみロジャー」の効果〜おすすめできる点、おすすめできない点〜

若干の医学的見地と我が家の使った感想などを少々。

前から評判になっていることは知っていたのですが、本屋で最初の数ページ読んで買う気が失せていた「おやすみロジャー」
おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本

カール=ヨハン・エリーン 飛鳥新社 2015-11-13
by ヨメレバ

先日義母からプレゼントで送られてきました。よくよく「まだ寝ないんだよ」とfacetimeすることがあったので、心配してくださったのではないかと思います。
折角頂いたので、きちんと読んで使ってみることにしました。ちなみに2歳2か月の娘です。
その上で、ざっくりとおすすめできる点とおすすめできない点をまとめます。


おすすめ出来る点

さて、読んでみましたが、これはわかりやすく効果が出る本だと思います。
同じ語の繰り返し、自己催眠なんかに使われる自律訓練法などは上手に取り入れられています(心理学で自律訓練法の実習をやりましたし、自己催眠にも興味があって本を買ってた過去がある私には懐かしい話)。
内容については、心理学として「眠気をさそう本」として申し分ないと思います。(心理学自体は医学部の教養で習った範囲なので、専門ではありません。すいません)